「日本で美容師してると、なんかこう外に出たいっていうか、環境を変えたいっていうか、海外に来て、視野広げたいと思って。」

なーんて感じのことをよく聞きます。

でも、残念ながら海外で働くのも日本で働くのも、実際美容師してるとそんなに変わりません。
っていうか、海外で働いたらなんだかすっごい経験できるとか、大きな期待してこない方がいいと思う。

1年くらい海外にいたからって英語ぺらぺらになれるわけでもないし、

むしろ日本でできてたことが、英語になることで、自分が今までできてたことの半分もできてないことに落ち込むこともいっぱい。

どこの国も入れて数ヶ月から1年くらいでしょ。
その期間に何かを成し遂げるって、相当な覚悟ないと何も変わらないしね。

ようは、自分次第だよね。どこにいても。

ここで、「よし!海外に行こう。」と思ってる、美容師さんが海外に来る前にしっかり勉強しておいた方がいい7つの技術をご紹介します!

①シャンプーやヘッドスパ、マッサージの技術

これは、確実に外人のお客様に評価される技術です。英語が苦手な時期でも、この技術持ってるだけで、お客様に支持されることもたくさん。

②ベーシックカットの技術

アシスタントで海外に来るよりも、日本でしっかり技術のベースを作ってくる方がいいですね。ワンレン、グラボブ、レイヤーこの3つの理論はしっかり勉強してくるのがおすすめ。

③コミュニケーション能力(技術)

ネットの時代ゆえ、直接言葉を交わすことが苦手な人もしばしば。でも海外では自分をいかに売り込むか(セルフプロデュース)がとても大切。今いるサロンの先輩、後輩としっかりコミニュケーションとれていますか?

④伝える技術

上と同じく、直接人に何かを伝えることが苦手な人が多いです。日本語でも伝えられなかったら、英語で伝わらないよね。逆に英語出来なくても、何となく伝わって、楽しそうに会話してるみたいに見えちゃう人もいたりする。

⑤英語の技術

中学校ぐらいのレベルでいいので、海外に来る前に少しくらいは勉強した方がいいと思う。毎日同じ映画を見たり、好きな英語の音楽を毎日聞いたり、美容師しながら時間はないけど、行こうと決めたら英語の勉強する時間は絶対に作るべき。

⑥パソコン技術(iPhotoでも大丈夫)

メールアドレス持ってないで日本から来る人多いですが、こっちでは友達作るにもメルアドあった方がいいと思う。でも、メルアドの作り方知らないとか、iPhotoでのメール設定できないとか、もっとグーグル先生に聞いてみようよ!って思う人いっぱい。
パソコン使いこなせたら、もっと視野もひろがるし、海外に来たきっかけにブログやったりもできるしね。エクセルとかワードとか使えるようになってくるともっといいと思う。

⑦最後は技術じゃないけどね、、、明るい笑顔と目的を持っていこう!

ようは、何しに行くのか自問自答する方がいいと思う。たったの少しの期間だけ海外にいて、その期間に周りに流されたら元も子もない。海外だし、寂しいし、英語つらいし、日本人といるとホッとする、、ま、もう美容師は日本に帰ったからでいいか。みたいになっていく人いっぱい見てます。何しに来たの?この一年で何したいの?敵は常に自分自身。
あとは、世界共通な「笑顔」明るい笑顔で大体のことは大丈夫!(なはず、、たぶん。)

海外に行こうと決めてる美容師のみなさん、みんなのこと応援してます!!

今日も頑張っていきましょう!!!

今日の美容師英語

Thank you for calling Hair salon ABC How may I help you?

お電話ありがとうございます、ヘアサロンABCでございます。

電話に出るときの最初の言葉ですね。まずはこれ100回くらい練習してみましょう!!