前回に引き続きドライヤーで髪を乾かす時の注意点をお伝えします。

(ここではミディアムからロングヘアーの方対象です)

8割ほど乾いた状態の⑤では、毛先の乾かす時にドライヤーの風が上から下(髪の根元から毛先)にむかっている事を確認し、ドライヤーを持っている反対側の手で毛先を内側にねじります。

慣れないと少し窮屈な体勢になってしまいますが、頑張ってみてください。

⑥では全体のバランスを整えましょう。

前髪のおさまりや分け目を好きなところで分けとり終了です。

普段ストレートアイロンやコテ(カーリングアイロン)を使う人も是非この方法で乾かしてからスタイリングしてみてください。

夜シャンプーする方もこのようにちゃんと乾かしてから寝ることで髪のダメージ軽減や寝癖も付きづらくなります。

朝シャンの方はこのハンドドライで髪がまとまったらお出かけ前にほんの少し洗い流さないトリートメントを毛先につけてみてください。髪の広がりや静電気も防げると思います。

私の中でドライの方法はとても重要な

一部と思いこのようなブログを書いていましたが、女性スタッフに髪の乾かし方を聞くと

最後の⑤、⑥の部分はほぼやっていない。というか出来ない。確かにデジタルパーマが流行った時にも乾かし方で苦戦されている方が多かったので一生懸命伝えた記憶があります。

今回この記事を書くにあたってコレは美容師がお客様にするドライの方法であって現実的ではないのかな?とも感じました。

ですが、少しでも結構です。

参考にしてみてください。

必ず、今までとは違うあなたの「美髪」に出会えると思います。

Asuke